背中のニキビ跡を消す方法

背中がボコボコ、シミだらけ・・背中のニキビ跡に悩んでいませんか?

背中のあいたドレスを着たい。海や温泉に行きたい!と思っても、背中が汚いと気が引けてしまいますよね。

顔はメイクでごまかせても、背中のニキビ跡はどうすることもできません。化粧やファッションが決まっていても、背中がニキビ跡だらけだとゲンメツです。

そんな背中のニキビ跡の消す方法を紹介します!

 

背中はニキビができやすい

背中は、意外と皮脂の分泌がさかんな場所なんです。その上、乾燥ストレスによるホルモンバランスの影響で、さらに皮脂が過剰になりニキビが発生します。

また背中ニキビは、衣類が触れて刺激になったり、カビの一種であるマラセチア真菌が繁殖しやすく、炎症が起きやすいのも特徴です。

 

背中のニキビ跡の種類

凸凹クレーター

ニキビがひどい炎症を起こし、コラーゲンなどの肌組織が壊れて肌が陥没してしまった状態です。クレーターがあると蛍光灯の下には立ちたくないですよね。

セルフケアで治すのは困難ですが、比較的ダメージが浅いものは、根気よくケアすることで目立たなくなります。

 

色素沈着(シミ)

赤黒いシミは、炎症により内出血を起こしたもので、日にちが経つと自然に薄くなっていきます。シミになっているものは、ニキビが化膿して活性酸素が発生し、シミの元であるメラニンが増えて色素沈着したものです。

 

背中のニキビ跡のケアはどうする?

背中のニキビ跡を消すためには、肌のターンオーバーを促し、新しい肌に再生することです。今の肌はシミやニキビ跡が目立っていて汚くても、肌の奥では毎日新しい肌が作られているんですよ。

新陳代謝によって徐々にニキビ跡も目立たなくなっていくので、あきらめずケアをしていきましょう。

そのためには、まず、保湿が大切です。「ベタつくから」「ニキビができそう」とゴシゴシ洗ってハイ終わりではありませんか?背中も顔と同じようにローションや美容液でケアしていきましょう。

スプレータイプの容器なら、片手でシュッとするだけで届きにくい部分にもつけることができます。ローションは顔に使っているものと同じでOKですが、背中のニキビ跡専用のものもあるので、ぜひチェックしてみてください。

 

背中のニキビ跡に効く成分

背中のニキビ跡に効くアイテムを探すなら、下記のような成分入りをチェックしてみてください。これはごく一部で他にも有効な成分がたくさんあります。

グリチルリチン酸ジカリウム:甘草から採れる天然成分で、保湿や消炎作用があります。

スクワラン:深海ザメや植物から採れる天然成分。人の肌の構造に最も近く、浸透力にすぐれている保湿成分です。

プラセンタ:動物の胎盤から採れ、美肌、美白と万能に効く非常に優れた美容成分です。ニキビ跡の色素沈着、クレーター両方に効果が期待できます。

ハイドロキノン:スーパー美白成分と呼ばれ高い美白効果をもちます。色素沈着を防ぐだけでなく、できてしまったものにもアプローチするスグレモノです。

 

ピーリングを取り入れる時の注意点とポイント

ピーリング作用のあるアイテムを取り入れてみるのも有効です。ピーリングで肌にたまった古い角質を取り除くと、つるんとした新しい肌に生まれかわります。

AHAというフルーツ酸を使ったものなら、肌にもマイルドで刺激も少なめです。

肌の色が明るくなったりザラつきがなくなるなど、肌がきれいになるのでつい頻繁に使いたくなりますが、ちょっと待って!

ピーリングをし過ぎると、肌のターンオーバーを乱して肌荒れや敏感肌の原因になってしまうので注意しましょう。

ピーリングをする場合は、1~2週間に1度に抑えるようにしましょう。使った後は肌が乾燥しやすくなるので、念入りに保湿するようにします。

 

まとめ

一度できてしまうと自力で治すのは困難な背中のニキビ跡。普段から入浴の時は洗い残しがないように丁寧に洗い、しっかり保湿しましょう。

そう、背中もお顔のお手入れと基本的には変わらないんです。

生活習慣もニキビの原因になるので、栄養バランスのとれた食事、睡眠、ストレス解消など体の内側からの対策も忘れないでくださいね。

 

おすすめの背中ニキビ化粧水ランキング

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ