背中ニキビ化粧水のおすすめランキング。これで美背中が手に入る!

「えっ!こんなところにニキビが…」

背中ににきびを発見してしまった時の「衝撃」は相当なもの。しかも、それがとっても大切なデートの前日だったりしたら…

こうならないためにも、日頃から鏡等で背中もこまめにチェックしておく必要があります!

背中にニキビを見つけてしまった場合、大人ニキビ用のニキビ化粧水などでケアをしてしまいそう。でも、背中には顔と違った背中独特の事情があり、背中専用のニキビ化粧水の方がおすすめなんです。

ここでは、まず、背中の特殊事情をにきびの観点からご紹介します。そして、背中ニキビのケアにおすすめの化粧水をピックアップ。ランキングしてみました。


(キレイな背中って、女性の魅力を増々アップさせてくれます)

 

意外と知られていない背中事情

ニキビができる過程を、もう一度簡単におさらいしておきましょう。

毛穴には、皮脂を分泌する皮脂腺があります。

ニキビの発生メカニズム

何らかの原因で毛穴の出口が塞がれてしまうと、皮脂線から分泌された皮脂が毛穴に詰まってしまいます。それをエサにアクネ菌が繁殖して炎症を起こしたものがニキビ

毛穴が塞がれてしまう原因には色々あるので、「背中ニキビは、これが原因です。」と特定するのは難しいのですが、背中にニキビが出来やすい原因を背中の特徴から知っておくと、背中ニキビのケアがとてもやりやすくなります。

 

背中は、頭皮と同じように皮脂腺が多い

身体の中で、特に皮脂腺が多いところは頭皮背中。「顔のTゾーンとか鼻じゃないの?」と思われるかもしれませんが、背中には皮脂腺がとても多いんです。

そして、頭皮と背中の毛穴の違いを毛の太さで比較すると、大きく違うことはすぐお分かりでしょう。

髪の毛は太いので、毛の成長に従って毛穴にある皮脂も同時に外に分泌されていきますが、一方の背中に生える毛は産毛程度と細い。見方を変えると、毛穴には産毛との間に隙間が出来てしまうので、毛穴が塞がれやすいといえます。

 

背中は汗をかきやすい

加えて、背中は汗をかきやす部位。

背中は、手や足の裏のおよそ10倍とも言われるくらい汗をかきやすい場所。特に暑い夏場などは、汗をかいて背中がびっしょりということが多々あります。

(出典:メルシアンの公式サイトより)

汗をかいたからニキビが出来やすくなるという訳ではありませんが、問題は、汗をかいた後の処理。

そのまま放置してしていませんか?

汗の主成分は水ですが、汗がそのまま肌にとどまっていると逆に水分を奪ってしまうので、乾燥肌の原因になってしまいます。

また、汗がそのまま皮膚に付着して汚れてしまいますし、痒くなってゴシゴシ掻きむしってしまうことも。

汗をかいた後は、優しく拭きとって、保湿クリーム等で背中の保湿ケアを忘れずに!保湿ケアを十分行わないとバリア機能が低下してしまい、毛穴の詰まりが起こりやすくなりニキビの原因になってしまいます。

逆に、ゴシゴシとしつこく汗を拭き取るのも問題。肌を傷つけてしまい肌トラブルのもとになってしまいます。

上述のとおり、汗をかいたら優しく拭き取ってあげる」を忘れずに!

 

背中のケアは意外と疎かになりがち!

背中は、目で直接確認することは出来ません。しかも、手が届きにくい部位なので、どうしてもケアが疎かになりがち。気がついたら、肌はザラザラ、ニキビだらけということも。

しかも背中って、衣類とこすれて刺激を受けたり、汗をかいたときや入浴後のタオルなどでゴシゴシこすってしまうので、結構刺激を受けやすいところ!

さらに、お風呂やシャワーのあとに、シャンプーやコンディショナーなどが残っているという場合もあります。

 

このように、背中って、結構、外部から刺激を受けたり汗をかいたり、汚れが残ってしまったり。

こうしてにきびの原因と言われているアクネ菌マラセチア菌が好む環境が出来上がってしまい、ニキビの発生につながってしまうのです。

 

生活環境の改善も忘れずに!

そして、大人ニキビが出来る原因と共通していますが、ストレス生活習慣や食生活の乱れ睡眠不足等が加わると、背中にも皮脂の分泌量が増えて、益々毛穴が詰まりやすくなってしまいます。

 

背中ニキビの予防

背中にニキビができる原因が分かってきたところで、それを予防するには、上記のような原因をなくしていけば良いのですが、大きくは、

  • 常に背中を清潔に保つ
  • 背中に刺激を与えない
  • 保湿クリームで背中にも潤いを与える

にまとめられるでしょう。

背中を清潔に保つ

背中ニキビを防いで背中を清潔に保つ

背中は、汗をかきやすく皮脂腺も多いので、常に清潔な背中を心がけましょう。

汗をかいたらこまめに拭くことを忘れずに。お風呂での背中への気配りも忘れずに。

「刺激を与えないように優しく」が大切です。上手く洗えていないという方も多いのでは?

お風呂では、湯船に浸からないで簡単にシャワーだけで済ませていませんか?湯船に浸かって背中も温めてあげることで毛穴が開き、汚れが落ちやすくなりますよ。

洗う順番にも気を使いましょう。まず、シャンプーやトリートメントをして、その後、背中を洗うようにすると、シャンプーなどの洗い残しを減らすことが出来ますね。

 

背中に刺激を与えない

お風呂で、ゴシゴシと擦ってしまうのは、刺激のもと。また、ナイロン製のタオルなどを使っていませんか?背中ニキビの予防には、お風呂でも「優しく丁寧なケア!」が基本です。

また、衣服等で背中が擦れないような対策も必要ですが、見落としがちなのが洗濯洗剤の刺激

洗濯のすすぎが不十分で衣類に洗剤が残っていたり、柔軟剤の影響で肌トラブルを起こすこともあります。

気になるようであれば、合成香料や合成着色料、蛍光漂白剤などの刺激のある成分が配合されていない洗濯洗剤や柔軟剤を選ぶようにしましょう。

 

保湿クリームで背中にも潤いを

背中って、汗をかきやすい部位であるにもかかわらず、意外にも乾燥しやすいところでもあるんです。

皮膚が乾燥してしまうと、皮脂の分泌量が増えてしまいます。日頃から背中にも潤いを与える気遣いを!

特に入浴後など肌が乾燥しやすいタイミングでは、保湿クリームで十分なケアを忘れずに!

 

背中ニキビ化粧水の選び方。出来てしまったニキビのケアには…

出来てしまった背中ニキビを治す

まず、ニキビの原因菌と戦い繁殖を防ぐこと。と同時に、炎症予防を行うことが大切です。

ただ、背中の皮膚は厚いので、お肌を柔らかくしながら有効成分をしっかり作用させること(浸透)が重要です。

その点、思春期ニキビ大人ニキビでも使われているサリチル酸は、角質が厚くなっている背中でもお肌を柔らかくしてくれますし、同時に「アクネ菌」の繁殖を防いでくれますので、この背中ニキビには欠かせない成分と言えます。

ニキビの炎症ケアを行うのに有効な成分としてよく知られているのが、グリチルリチン酸ジカリウム。お肌のケアをしながら、ニキビの症状にアプローチしてくれる成分です。

これら2つの主剤(サリチル酸グリチルリチン酸ジカリウム)で、厚くなった角質を柔らかくし、アクネ菌とニキビの炎症に直接働きかけるというのが、一般的なニキビケアの方法です。

グリチルリチン酸ジカリウムサリチル酸

グリチルリチン酸ジカリウムは、漢方の一種である「甘草」の根に含まれる成分で、口内炎や喉の炎症等を抑えるために使用される甘草湯にも含まれています。

この抗炎症作用は医薬品にも使われていて、代表的なものが風邪薬。スキンケアでは、赤ニキビなど炎症を伴う症状の緩和にも一定の効果があるとされています。

サリチル酸は、角質を溶かす働きをもち、かかと部分の皮が厚くなってしまった様な場合に用いられる成分。ニキビケア商品でも古い角質を溶解して柔らかくし、角栓を除去するのを助ける効果が期待されています。

 

もう一つ忘れてはいけないのが保湿

乱れてしまったターンオーバーをサポートしながら柔肌をキープし、ニキビができにくい背中を目指すケアも忘れてはいけません。その時に欠かせないのが、保湿なんです。

 

背中ニキビに限った話ではありませんが、背中に出来てしまったニキビのケアには、少なくとも「抗菌炎症予防保湿」の3ステップをサポートしてくれる化粧水が欠かせません。

 

背中ニキビ化粧水のおすすめランキング

つるつる背中を目指す方におすすめの化粧水をご紹介します。

ネット上の口コミサイトを幾つかチェックし、実際に購入された方の口コミの中で、評価ポイントの高いニキビケア用品をピックアップしました。

ランキングは、ネット上の口コミの評価ポイントが高い順です。

シアクル/(株)CB

シアクル

  • 洗う(ソープ)-> 吹く(ミスト) -> 塗る(クリーム)の3ステップで、総合的に背中ニキビをケアしていきます。
  • ソープ:濃密な泡、炭と泥の日本製薬製ソープ
  • クリアスリーミスト:3つの有効成分が入ったミストローション
  • ゲルクリームII:11種類の美容&保湿成分配合
  • クリアスリーミストは、3つの有効成分(シメン-5-オールフリチルリチン酸2Kアラントイン)が配合された医薬部外品です。

口コミ:

20代前半 女性
使い始めて1ヶ月が経過します。
ブツブツザラザラは以前よりは減少。ただ、ニキビ跡への効果は、まだ良くわかりません。

30代前半 女性
半年間、毎日朝晩欠かさず塗りました。

ザラザラしていたのがスベスベに。酷かった色素沈着も、遠目からみたら目立たない位になりました。

塗ったあとは直ぐにスーっと馴染んで、ベタツキは気になりません。

30代後半 女性
私は、デコルテや首周りをメインに使っています。

肌にハリが出てきました。見た目もキレイなデコルテになってきています。

価格:
ソープ(100g)、ミスト(200mL)、ゲルクリームII(100g)に、背中に優しく洗いやすいボディタオルが追加になったセット。

通常価格13,268円(税込)が、
・初回:4,880円(税込、送料無料)
・定期継続回数の縛りはありません。
・100日間全額返金保証付き

と、とてもお買い得の背中ニキビケア商品です。

シアクルの公式サイトは、こちら

 

パルクレールジェル/(株)ビーボ

パルクレールジェルの最大の特徴は、オールインワンジェルなのでニキビのケアがとてもシンプルで簡単なこと。

また、このパルクレールジェルは大人ニキビ専用ではないの?という素朴な疑問をお持ちの方も多いかもしれませんが、以外にも背中のニキビまでもケアできる優れもの。

実際、パルクレールジェルの口コミには、顔にできたニキビと同時に首や背中のニキビも同時にケア出来て嬉しいといった評価も頂いています。

パルクレールの特徴は、
厚生労働省認可の医薬部外品で、有効成分として「アラントイン」と「プラセンタ」を配合。

天然の美容成分・保湿成分もたっぷり配合されています。例えば、ヒアルロン酸スクワラン紫根エキスカミツレ花エキスなどを配合。パルクレール本来の「ニキビケア」という役割だけでなく、大人のお肌を健やかに保つための効果も大いに期待できます。

もう一つ気になるのが、敏感肌乾燥肌に対する配慮ですね。

パルクレールはこだわり抜いた無添加主義。アルコール、着色料、パラベン等無添加なので、敏感肌や乾燥肌の方も安心してお使いいただけます。

パルクレールジェルの口コミ及びレビューは、こちら

 

ジュエルレイン/(株)ピカイチ

厚生労働省の認可を受けている医薬部外品ジュエルレインは、背中ニキビケアの化粧水として定評があります。

ジュエルレインの場合、背中ニキビのケアの方法は、まさに上述の通り「抗菌炎症予防保湿」。ジュエルレインは、この3つのケアを実践しているスキンケア商品です。

 

まず、サリチル酸による柔軟化。角質が厚くなっている背中でも、お肌を柔らかくしてくれるサリチル酸で、今あるニキビに直接アプローチ。

グリチルリチン酸ジカリウムによるニキビ予防。ニキビを繰り返すことでさらなる悪化につながり、ニキビ跡にも繋がってしまいます。

保湿には、オリーブオイルスクワランアロエエキスローマカミツレエキスなどの美容成分を配合、超保湿を実現するとともに、背中肌の柔軟性を実現し、ターンオーバーをサポート。ニキビが出来ない背中を目指しています。

ジュエルレインの口コミ及びレビューは、こちら

 

ジッテプラス/(株)イッティ

ジッテプラスは、厚生労働省認可した医薬部外品のニキビケア化粧水です。このジッテプラスに含まれる成分には、

洗浄効果をもたらすものとして、グリチルリチン酸ジカリウムアーチチョークエキス、スターフルーツ葉エキス

美白効果(メラニンの生成を抑制し、透明感のある美肌へと導いてくれる成分)のある成分として、プラセンタエキス3-Oエチルアスコルピン酸、プルーン酵素エキス

特に保湿成分にだわりがあり、アクシア-トリプルヒアルロン酸を配合。大きさの異なる3種類のヒアルロン酸が配合されており、また、それらの浸透を助けるためのナノセラミドも配合されています。

 

そして、そのアクシア-トリプルヒアルロン酸の保湿力がとても強力であることを示した実験が↓↓↓。

このように、ニキビ菌に対する炎症予防はもちろんですが、顔の5倍以上の厚さがあるとされる背中の皮膚の保湿を強力にサポート出来るよう、アクシア-トリプルヒアルロン酸という強力な保湿成分を配合しているのがこのジッテプラスと言えそうです。

ジッテプラスの口コミ及びレビューは、こちら

 

メルシアン/(株)あいび

メルシアンの特徴を一言でいうと、「保水」と「美白」にこだわった背中ニキビの化粧水(医薬部外品)と言えるでしょう。

特に、配合成分に対するこだわりが伺えます。

  • グリチルリチン酸ジカリウム:背中ニキビを徹底予防。敏感肌の方にもおすすめの成分。
  • 強力保湿成分のトレハロース:乾燥からくる背中ニキビを防ぎます。
  • 背中のくすみ、ザラザラ感、黒ずみ、開いた毛穴を透明感のある背中へと導いてくれるアーティチョークエキス
  • 3つの美白成分:水溶性プラセンタボタンエキスカッコンエキスが、ニキビ発生時に起きるメラニンの生成を抑制します。

テンニンカ果実エキス、カンゾウ葉エキス、水解コラーゲン末との成分が、気になる背中の凹凸もふっくらお肌へと導いてくれます。

 

メルシアンの詳細およびレビューは、こちら

 

背中ニキビ跡のケアの方法

ニキビ跡の対策方法としては、こちらで詳しく解説していますが、簡単におさらいしておきましょう。

背中に出来るニキビ跡も、その症状や進行度合いにより治療法が違ってきます。

例えば、背中ニキビ跡のレベルも

  • 赤みが残る
  • シミ(紫色や茶色)が残る
  • クレーターが残る

がありますが、赤みシミ程度であれば、まず、ニキビケア化粧水で試してみるという方法があります。費用もそれ程かかりませんし、自宅で気軽に対策できるというメリットがります。

しかし、赤みやシミでもその跡の症状が深刻であったり、クレーターが残るような凸凹タイプの背中ニキビやその跡については、皮膚科に相談されることをおすすめします。

 

ここでは、赤みシミレベルの背中ニキビ跡のケアについてご紹介します。

 

赤みが残っている背中ニキビ跡

赤みの原因は、炎症によって毛細血管が傷つけられてしまい、うっ血したことによるもです。

ケアの方法としては、早めに抗酸化ケアを行い、美白していくこと。

そのためには、ビタミンCビタミンC誘導体などの抗酸化成分を含んだ化粧水によるケアが一般的です。

 

シミ(茶色や紫色)が残っている背中ニキビ跡

炎症性色素沈着によるもで、何年かかけて消える場合もありますが、そのまま残ってしまう場合もあります。

早く消すための対策としては、美白化粧品も有効ですが、上記と同じように、ビタミンC誘導体を含んだ化粧水やイオン導入なども効果的です。

 

上記2つ(赤み、シミ)についての背中ニキビ跡の治し方の詳細は、こちらをご覧ください。

 

背中ニキビ跡 化粧水

 

ニキビ化粧水おすすめランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ