生理前のニキビの原因はコレだった!しつこいニキビの対処法や予防法

「生理前になると必ずニキビができる・・・」
「あごにできたポッツリ赤ニキビを早く治したい!」

生理前のにきびに悩まされている人って多いですよね。

しかも、生理前のニキビは悪化しやすく目立つもの。メイクでカバーするのもむずかしいし、早く何とかしたいですね。

そんな生理前のニキビがどうしてできるのか、対処法や予防策などを詳しくご紹介します!

生理前にできるニキビ

 

生理前にニキビが出来る原因って?

生理前のニキビはホルモンと深い関係があります。こめかみやエラ、あごにかけてのフェイスライン(Uゾーンと呼ばれます)にできるのが特徴です。

そんな生理前のニキビの原因を見ていきましょう。

 

女性ホルモンの影響でニキビができやすくなる

生理とニキビ

生理前のニキビの原因は、女性ホルモンの一つである黄体ホルモンプロゲステロンとも言います)によるもの。

女性は月経周期の中で、肌や体が変化しています。月経周期の前半、生理開始から排卵までは卵胞ホルモン(エストロゲン)の分泌が多い時期。

生理が終わった後、「今日はいつもより肌の調子がいい」と感じたことはありませんか?

それは卵胞ホルモンの影響。卵胞ホルモンは、コラーゲンヒアルロン酸を増やします。この時期は肌がうるおい、ツヤツヤとしています。

一方排卵を過ぎると、卵胞ホルモンは減り黄体ホルモンが増えます。黄体ホルモンは、男性ホルモンと同じく皮脂の分泌を増やします。この時期は肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなるんです。

 

ホルモンバランスの乱れ

ストレス睡眠不足偏った食事などが原因でホルモンバランスが乱れていると、ニキビなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

ホルモンバランスが乱れているサインは、下記のようなものがあります。

  • 生理周期がバラバラ
  • 経血の量が多い時と少ない時がある
  • 生理痛がひどい

など。

ホルモンバランスが乱れていると肌が乾燥したり、逆に皮脂が過剰になり肌のターンオーバーも狂いニキビの原因になります。

 

生理前の赤ニキビ・黄ニキビがなかなか治らないのはなぜ?

生理前のニキビは、赤くなったり化膿してなかなか治らず困ってしまいますよね。

生理前は黄体ホルモンが優位になっていると先ほど述べましたが、この時期は肌のバリア機能が落ち炎症を起こしやすくなっています。

普段使っている化粧水が生理前はなぜかヒリヒリする、というのは生理前の肌がデリケートになっているから。

赤ニキビ・黄ニキビは正しいケアをしないと、跡となって一生後悔することに。

次ではその対処法を紹介します!

 

生理前・生理中のニキビの対処法

周期によってスキンケアを使い分け

月経周期の前半(卵胞期)は普段のスキンケア、後半(黄体期)はニキビ用ケアというように使い分けしてみてみましょう。

女性の肌は、月経周期によって皮脂量と水分量が変化します。排卵から月経がはじまるまでの、ニキビができやすい時期はニキビ用化粧品にシフト。

その時の肌に必要な成分をベストなタイミングで届けられるので、効率的にお手入れできてニキビも抑えられます。

 

保湿もできるニキビ化粧品を

生理前ニキビは乾燥もニキビの原因の一つなので、保湿も大切になってきます。

思春期ニキビや一般のニキビケアは皮脂を落としすぎ、乾燥してしまって逆効果。保湿を重視したスキンケアや大人ニキビ専用のアイテムがおすすめです。

 

クレイやピーリングを取り入れて

クレイ(美容泥)は肌のうるおいを残したまま、毛穴の奥の汚れを取り除くのでオススメです。

市販のクレイ入りの洗顔料やパックなら手軽ですし、自分でクレイそのものを買って手持ちの洗顔料にまぜて使うこともできます。

また、角質をやわらかくし毛穴詰まりを防ぐピーリングもおすすめ。

黄体期は角質が固くなり毛穴に詰まりやすくなります。ピーリング効果のあるサリチル酸AHA(グリコール酸含む)で角質をやわらかくし毛穴詰まりをなくすのも◎。

AHAは、アルファヒドロキシ酸というフルーツ酸で、肌にマイルドに作用します。化粧水や石鹸なら手軽に試せますね。

ピーリングをすると、肌が乾燥しやすくなるので保湿を忘れないで。

また、生理前は肌がデリケートなので、新しいアイテムを試すのは避けましょう。卵胞期のコンディションがベストな時に試しておきましょう。

 

しつこい赤ニキビ・黄ニキビ・紫ニキビは皮膚科へ

■赤・黄・紫ニキビそれぞれの特徴

赤ニキビ:ニキビの中でアクネ菌が繁殖し炎症を起こしている状態です。熱をもっていたりさわると痛みがあります。

黄ニキビ:赤ニキビが化膿し先端に膿がたまって黄色くなっているニキビです。

紫ニキビ:ニキビが炎症や化膿を繰り返して皮膚の奥まで炎症が到達しているニキビです。赤黒くしこりができているのが特徴です。

 

赤ニキビや黄ニキビはつぶすと跡に残るので、さわらずに自然に完治するのを待ちましょう。

紫ニキビまでになると、セルフケアで治すのはむずかしくなります。皮膚科に相談して、治療薬で治すようにしましょう。

 

生理前や生理中のニキビを予防!ニキビをできにくくする3つの対策

生活習慣を整える

生理前のニキビは食事や生活習慣で改善させることができます。

■食生活を見直す

忙しくて食事を抜いたり無理なダイエットで必要な栄養が摂れていないと、肌にも影響が。

油っこい食べ物や甘いのもの摂りすぎもニキビには大敵。栄養バランスの整った食事を心がけましょう。

抗酸化作用が強く免疫力を高めるビタミンCは積極的にとりたいですね。緑黄色野菜や柑橘類を始めとする果物に豊富です。

■十分な睡眠をとる

美肌は夜眠っている時に作られます。各ホルモンの分泌や肌のターンオーバーがピークになるのは就寝中。

特に夜10時~2時の間には布団に入っているようにしましょう。

■ストレスをためない

ストレスはホルモンバランスに大きな影響を与えます。

自分のお気に入りのストレス解消法をみつけたり、お風呂やアロマなどでリラックスする習慣を普段からつけてみましょう。

 

低容量ピル・超低容量ピルという選択肢も

ひどいニキビや吹き出物の治療として、低容量ピル超低容量ピルが使われています。

いずれも避妊用ピルと仕組みは同じですが、ホルモンの量を抑えて体への負担を軽くしています。

ピルによってホルモンバランスが整うので、ニキビの他様々な月経トラブルに用いられています。

副作用や喫煙制限などがあるので、全ての人にオススメはできませんが、興味があれば婦人科に相談してみましょう。

 

漢方で直すという方法も

ホルモンバランスの崩れからくるニキビなど、ホルモンの不調に漢方もよく用いられています。

「生理前のニキビ」と一口に言っても、漢方の見方ではそのアプローチは様々。血の巡りをよくしたり、冷えを解消したりとその人によって処方は違います。

漢方は症状の元になった原因に働くので時間がかかりますが、根本的な改善が期待できます。

■生理前のニキビで使われるポピュラーな漢方

  • 桂枝茯苓丸:生理前に肩こりやイライラなどの症状があり、生理痛の思いタイプの人に向いています。
  • 当帰芍薬散:色白、冷え性でむくみやすい体質の人に向いています。生理が遅れがちな人にもおすすめ。
  • 加味逍遙散:頭痛や肩こり、便秘があり、イライラしがちな人向き。不定愁訴のあるひとにもおすすめです。

 

まとめ

  • 生理前ニキビは女性ホルモンと深い関係がある
  • ストレスや生活習慣を見直しホルモンバランスを整えよう
  • スキンケアは保湿と角質ケアがカギ
  • 頑固な生理前ニキビは医療機関での治療も視野に

いかがでしたか?

ホルモンと深い関わりのある生理前のニキビは、化粧品以外のアプローチも必須になってきます。

すぐには改善が見られなくても、根気よく続けて美肌を目指しましょう。

 

おすすめの大人ニキビ化粧水をランキング

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ