リプロスキンの口コミ。ニキビ跡の効果に良い・悪い。その分かれ道とは?

リプロスキンは、女性の悩みのタネとなるニキビ跡のケアができるニキビ跡用導入型柔軟化粧水です。

ニキビ跡のケアをしたいけど、どんなものがいいのか分からない」と悩んでいる方必見です!

リプロスキンの口コミをレビューしてみて分かったことは、ニキビ跡への効果に対する評価が「良い」「悪い」とはっきり分かれること。その違いはいったい何?を暴露します。

リプロスキンの口コミ

 

リプロスキンの口コミ・評価をチェック!

まず気になるは、口コミですね。出来るだけ多くの方の客観的な口コミや評判は、購入しようかどうか迷っている方には、とっても貴重な情報です。

そこで、「あまり良くなかった(悪い)という口コミ」と「良かったという口コミ」の両側面から、リプロスキンをレビューしていきたいと思います。

 

リプロスキンのあまり良くなかった(悪い)という口コミ

40代前半:
徐々にお肌のゴワゴワが柔らかくなってきてニキビも出来にくくなってきたのですが、1本使い終わる頃にお肌が乾燥するようになりました。
やっぱり、若い人向けのように思います。

40代後半:
リプロスキンを半年近く使っていますが、暖かくなっておでこと顎が脂性肌になるとニキビが出来始めました。脂性肌には合わないのでは?

30代後半:
2本使ってみましたが、特に効果を感じませんしニキビ跡にも何の変化もみられません。

20代前半:
ニキビ跡が薄くなってきたように感じますが、今でも新しいニキビが出来ています。

30代前半:
容量が少ない割には、お値段が高いです。

30代前半:
長期間使用するにはお値段が高すぎて続かないです。

20代前半:
1本使い切りました。ニキビ跡は少し良くなったという程度。あまり効果を感じません。

20代前半:
クリームと併用するとお肌の調子が良くニキビも出来にくくなっていますが、ニキビ跡に関しては、あまり変化がないようです。

 

 

リプロスキンの良かったという口コミ

30代後半:
<テクスチャーは、しっとり過ぎずさっぱり過ぎずで、夏でも使いやすい使用感です。1ヶ月ほど使い続けていますが、ニキビが出来にくくなってきたようです。

30代後半:
サラサラとしたテクスチャーですが、潤いはちゃんと感じています。まだ使い始めて間もないですが、ニキビ跡が薄くなってくれることを期待しています。

20代後半:
口コミの評判があまり良くなかったので購入をためらっていましたが、思い切って使ってみたところ、ニキビ跡が少し薄くなってきたようです。

20代前半:
4本目を使い切った所ですが、顔中にあったニキビが数個できる程度に改善されました!赤かったニキビ跡も少しづつ薄くなりました。

20代前半:
リプロスキンを2ヶ月ほど使っています。ニキビ跡が少しずつ薄くなってきているのと、ニキビの数も減ってきています。肌質が改善されています。

20代後半:
即効性はありませんが、徐々にニキビ跡が良くなってきています。(20代後半)

20代前半:
3ヶ月ほど使い続けています。使い始めて2週間経過したあたりからニキビが減り始めました。1ヶ月経過したあたりからニキビ跡も薄くなってきました。

40代前半:
気に入ったので2本目に入っています。気になっていた色素沈着が薄くなってきたようですし、ニキビが出来にくい肌質に変わってきたように感じます。

 

リプロスキンの口コミ・評価をレビュー

あまり良くなかったという口コミをまとめてみると、次のようにまとめられるでしょう。

  • 効果が実感できない
  • 肌質も改善がみられない
  • 乾燥する。仕方がないので、他の化粧水や保湿クリームを併用している
  • 値段が高い

良かったという口コミをまとめてみると、次のようになるようです。

  • ニキビ跡が改善された
  • ニキビも出来にくくなった
  • 肌がプルプルになってきた

口コミの評判が、ここまではっきり分かれるニキビ化粧水は、正直、珍しいです。驚きました。

もちろん、個人差とかお肌との相性もあるでしょうが、ここまで評価が分かれると、それだけではないような気がします。

 

リプロスキンの使い方をチェック!

そこで、何か、使い方等に根本的な違いがあるのではないかと思い、いろいろ調べてみたところ、リプロスキンを使う場合は、その使い方に大きな注意点があるようです。
(以下、リプロスキンに同梱されている注意書きからの抜粋です)

★重要【リプロスキンの使い方】★

1.必ず、洗顔後最初に使用する
リプロスキンは、洗顔後最初に使用することでお肌を柔軟にし、効果を発揮します。

2.リプロスキンを使用したあとは、必ず保湿をしてください。
リプロスキンは、導入型化粧水です。

リプロスキンだけでは、お肌が乾燥しデリケートな状態になってしまいます。

お手持ちの乳液や美容液でOKなので、手でしっかり馴染ませて、乾燥からお肌を守りましょう。

保湿はオイルではなく、水分をしっかり補えるものがおすすめです。

3.肌全体に染み渡る量をお使いください。
少量ですと、お肌が充分に潤いません。
お肌を柔軟な状態にしっかり潤わせるよう、1回の使用量(3~5振り)を必ずお使いください。

 

口コミの評価や評判が分かれるポイントは、上の注意書きをしっかり守って使用しているかどうかにもあるようですね。

「リプロスキンだけでは、お肌が乾燥します。」とはっきり書かれています。

また、「リプロスキンは、導入型化粧水(ブースターと表現する方もいるようですが)です。この後に使用する化粧水や美容液を浸透させるために使用する化粧水です。」とも書かれています。

ニキビを繰り返すお肌は、硬くゴワゴワしている場合が多いのですが、そこでまず重要なことは、この硬くなってしまったお肌を柔らかくし、浸透力を高めてあげること。

導入型化粧水のリプロスキンが、その役割を担います。

反面、お肌が乾燥しやすいデリケートな状態になってしまうということですので、リプロスキンを塗った後には、しっかり保湿をしてあげることが重要なんですね。

正しい使い方を心得ておけば、リプロスキンが持つ本来の力を実感出来るのではないでしょうか。

正しい使い方といえば、公式サイトには、次のようなポイントも記載されていました。

1.使用量が少ないとお肌が潤わないので、朝晩2回、毎回3~5振りの適量を手に取るようにしましょう。

2.化粧水の最適な温度は、お肌と同じくらいの温度の時。温めすぎもいけないので、手にとって数秒温めてください。

3.図にあるように、手のひらを使って顔全体に浸透させてください。

 

効果を感じる・感じない。その違いとは?

それともう一つ。「効果を実感できなかった」という方と「効果を実感できた」という方の違いですが…

効果を感じている方は、4ヶ月以上継続して使っている方が多いようです。一方、効果を実感出来なかったと言う方は、1ヶ月未満の方が多い傾向に(もちろん、例外もあります)。

↓↓↓の写真は、リプロスキンが送られてきた箱に同封されていた「ピカハダチェックシート」です。

使い始めてから4ヶ月までの節目節目にお肌の変化をチェックし記録に残していくシートですが、「まずは4ヶ月、美肌ケアに取り組んでみましょう!」と記載されています。

(商品の箱に同封されていた「ピカハダ・チェックシート」の表紙)


(ピカハダ・チェックシートでは、4ヶ月までの節目節目に、お肌の状態を記載しその変化がチェック出来るようになっている)

ニキビの赤みやシミ・色素沈着は、お肌のターンオーバーとの関係もあるので、そう簡単に1ヶ月くらいで効果がみられるものではありません。

一つのゴールとして4ヶ月を目標として設定し、使い続けていくことが大切と書かれています。

但し、クレーター肌に対する効果は期待できません。皮膚科に相談されることをおすすめします。

 

サポート窓口を活用する!

でも、ニキビやニキビ跡のケアでお悩みの方にとっては、

「何とか早く治して、ツルスベお肌を手に入れたい」

「少しずつでも良いから早く効果が出て欲しい」

など、その悩みは深刻。なのに4ヶ月って長すぎない?と挫折しそうになります。

そこで活用したいのが、ピカイチが提供する「サポート窓口(いわゆる、お肌の悩み相談室」。

一人で悩むよりは、専門家に相談してアドバイスをもらうというのが、手っ取り早いですよね。

リプロスキンを販売する「ピカイチ」には、一人ひとりのお肌にあわせたアドバイスができるよう、「オンリーワンサポート窓口」が設けられています。

また、ピカイチの全スタッフが、日本スキンケア協会公認の「スキンケアアドバイザー」の資格を持っているとのことですので、安心して相談できますよ!(詳細は、こちら

是非、活用しましょう(当然、無料です!)。

 

 

>> リプロスキンを試してみる。

 

 

口コミ:リプロスキンの使用感は?

ここでは、リプロスキンを実際に使用してみた感想をご紹介します。

リプロスキンは、化粧水以外にジェルクリームタイプのものもありますが、今回は「化粧水」だけにしぼってお話しますね。


(届いた箱の梱包状況。商品は、写真のようにしっかり固定されていました。)

 

(なかなかオシャレな容器に入っていますね。硬いプラスチックの容器。100mL入っています。)

(箱には、医薬部外品であることと、全成分の表示もありました。)


(ニオイもチェックしてみましたが、ほとんど気になりませんでした。)

 

 

リプロスキンの見た目は透明で、テクスチャーとしては、あまりとろみがなく水に近いようなさらっとしたもので、使う前には「これで本当に潤うのかな?」と感じました。

そこで、リプロスキンを3~4滴手の平に取って広げ、手肌で温めてから顔に塗ってみました。すると、普通の化粧水とは明らかに「浸透感が違う!」というのを感じました。しかも、塗った後、手の平にリプロスキンが残っていない!驚きです!

お肌に浸透しやすいよう、「トリプルブースターシステム」を採用していることは知っていましたが、今まで使用したことのある化粧水の中でも、ダントツの浸透力。

すぐにお肌に馴染んでくれるので、いつもよりもやわらかく、もちもちとした触り心地を体験することができました。

広告通りにしっかりと浸透力のある商品だと実感できましたので、きちんと続けていけば、ニキビ跡のケアにも効果を発揮してくれると期待できますね。

 

↓↓↓は、リプロスキンの浸透力の凄さを実験で示した動画です!

 

内容量:100mL

有効成分: ニチレイ・水溶性プラセンタエキスB-F、 グリチルリチン酸ジカリウム、

その他の成分:
グリシルグリシン、 1,3-ブチレングリコール、 1,2-ペンタンジオール、 濃グリセリン、 ポリオキシブチレンポリオキシエチレンポリオキシプロピレングリセリルエーテル(3B.O.)(8E.O.)(5P.O.)、 ポリオキシプロピレンジグリセリルエーテル、 シュガースクワラン、 N-ラウロイルサルコシンイソプロピル、 ヒアルロン酸ナトリウム(2)、 コラーゲン・トリペプチド F、 加水分解ヒアルロン酸、 D-マンニット、 ホエイ(2)、 グルコン酸ナトリウム、 コメヌカエキス、 酵母エキス(3)、 海藻エキス(1)、 コメヌカスフィンゴ糖脂質、 水溶性コラーゲン(F)、 ゼニアオイエキス、 アマチャヅルエキス、 アロエエキス(2)、 デキストリン、 ワルテリアインディカ葉エキス、 ダイズエキス、 アーティチョークエキス、 水素添加卵黄レシチン、 卵黄リゾホスファチジルコリン、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンセチルエーテル(20E.O.)(4P.O.)、 ポリオキシエチレンポリオキシプロピレンデシルテトラデシルエーテル、 ポリオキシエチレン硬化ヒマシ油、 ドデカメチルシクロヘキサシロキサン、 デカメチルシクロペンタシロキサン、 トリ2-エチルヘキサン酸グリセリル、 ジエチレントリアミン五酢酸五ナトリウム液、 クエン酸、 クエン酸ナトリウム、 水酸化ナトリウム、 フェルラ酸、 フェノキシエタノール、 香料

 

 

リプロスキンの特徴とは?

リプロスキンの特徴は、

  • ニキビ跡のケアができる。
  • 有効成分や保湿成分がしっかりとお肌に届くよう、「浸透力」をアップ!
  • 厚生労働省認可の医薬部外品ニキビ跡用導入型柔軟化粧水

ニキビを繰り返したお肌は、古い角質が溜まり硬くなってしまいがち(角質肥厚)。
すると、通常のスキンケアではなかなか成分が浸透せず、さらに肌の状態が悪くなっていってしまうという悪循環が起きてしまいます。

角質肥厚とは…

ストレスや生活習慣、紫外線、あるいはニキビを繰り返すなどでお肌がダメージを受け、ターンオーバー(細胞が生まれ変わる周期)が乱れると、本来、剥がれ落ちていくはずの古い角質が肌表面にどんどん溜まっていって、肌がごわついたりくすんだりします。この状態を、角質肥厚と呼んでいます。

こうなると、通常のスキンケアだけでは、保湿成分をはじめ有効成分が浸透しにくくなってしまいます。

 

リプロスキンは、繰り返し出来たニキビの後の角質肥厚のような状態に着目。そして、トリプルブースターシステム」という、お肌の角質層の奥までアプローチすることを追求したシステムを採用。効果的なニキビ跡ケアを可能にしています。

 

リプロスキンがリニューアル

2017年4月、リプロスキンが新しく生まれ変わりました。

ポイントは、2つです。

  • ナノBテクノロジー3.0を搭載
  • 容器のデザイン変更

ナノBテクノロジーの搭載

リプロスキンが一番注力しているのが、浸透力

ニキビ跡のケアに限った話ではありませんが、スキンケアで大切なことは、有効成分や保湿成分をしっかりお肌に届けること。

そのために、多くのメーカーさんが浸透技術を競いあっています。

その中で、リプロスキンでは、この浸透力を高める技術として「ナノBテクノロジー」を開発したのですが、今回のリニュールで、その浸透力を更に高めた「ナノB浸透テクノロジー3.0」を採用したとのことです。

詳細は、こちらのプレスリリースをご覧ください。

それに伴い、容器のデザインも変更されています。

内容量は以前と同じく100mLとなっています。

 

>> リプロスキンを試してみる!

 

 

リプロスキンのお得な購入方法

リプロスキン(100mL、約1ヶ月分)の通常価格は、5,600円(税抜)

もっとお安く購入する方法はないか、色々と調べてみました。

 

公式サイトでは?

2つの購入方法がありました。

◆ 単品で購入の場合:5,600円(税抜)

◆ 定期コースで購入の場合:

 

初回:2,240円(税抜、送料無料)
2回目以降:4,980円(税抜、送料無料)
但し、初回を含め最低4回の継続購入が条件となりますが、60日間の返金保証が付いています。

 

◆ 60日間の返金保証について

万が一お肌に合わなかった場合、たとえ1本使い切っていても初回のお届けより60日以内であれば、商品代金を全額返金してもらえます。まず、以下のお問い合わせ窓口まで連絡して下さい。

0120-425-700
受付時間:10時 ~ 19時(日・祝・年末年始は除く)

 

>> リプロスキンの公式サイトへ!

 

アマゾンでは?

このリプロスキンが、アマゾンで販売されているかどうか調べてみました。

 

販売はされているようですが、通常購入価格(税込で6,048円)での購入。amazon定期便だと5,746円となります(2019年3月末現在、価格は変更される場合があります)。

 

楽天では?

では、楽天はどうでしょうか?

リニューアル後のリプロスキンの販売価格は、6,048円(税込、送料無料)と通常価格での販売でした(2019年3月末現在)。

 

公式サイト経由が一番お得!

繰り返しになりますが、公式サイト経由での定期便では、

初回:2,240円(税抜、送料無料)
2回目以降:4,980円(税抜、送料無料)
但し、初回を含め最低4回の継続購入が条件となりますが、60日間の返金保証が付いています。

 

>> リプロスキンの公式サイトへ!

 

 

ニキビ跡化粧水おすすめランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ