ニキビを何とかしたい!ニキビができる原因とすぐできる対策5選

大人ニキビができてしまうと、せっかくおしゃれやメイクに気をつかっていても、気分が落ち込んでしまいますよね。

日常生活をいつも通りに送っているのに、大人ニキビができたときには何が原因かわかりづらく、対策も取りづらいかと思います。

今回は、大人ニキビができる主な原因と、効果的な対策についてご説明していきますね。

 

大人ニキビができる原因とは

大人ニキビができる原因は、一言で言うと「毛穴に老廃物やメイクなどが詰まる」ことです。毛穴が詰まってしまうのには様々な要因があり、一概に「脂性肌だから」などは言い切れません。

ここでは、毛穴が詰まり、ニキビができてしまう要因を大きく2つご説明します。

1.皮脂が過剰に分泌される

よくニキビの原因として挙げられるのが、「皮脂が過剰に分泌されて毛穴が詰まること」です。
皮脂が過剰に分泌されるのには、以下の理由があります。

◆思春期の皮脂分泌の活発化
特に、10代の思春期ニキビに多いのが、二次成長期に男性ホルモンが活発になり、皮脂が過剰に分泌されることが原因です。

これは、男性だけではなく女性にも当てはまることで、一般的な思春期ニキビであれば、20代に成長が止まり、ホルモンのバランスが安定することで改善されることがよくあります。

◆ストレスや睡眠不足
ストレスを強く感じると、通常時よりも男性ホルモンが活発に分泌されます。

上でご紹介した通り、男性ホルモンは皮脂の分泌を促すため、ストレスがたまってしまう環境下や、睡眠不足で心身ともに緊張している状態では、ニキビができやすくなります。

◆食生活の乱れ
食生活が乱れると、正常な代謝に必要なビタミンミネラルを十分に摂取することができず、皮脂を上手くコントロールできないこともあります。

また、脂の多い食事はそのまま皮脂の分泌を増やす効果もあるため、野菜などのビタミン・ミネラル源が少なく、脂の多い食事を繰り返すと、食生活の乱れがそのまま肌状態へ影響してニキビ肌になります。

焼肉など、脂っこい食事の翌日にニキビができる人がいますが、これはまさに食事が皮脂分泌に影響を与えているということですね。

 

◆女性ホルモンの影響
女性は、月経周期とともに女性ホルモンの分泌量ががらりと変わります。

特に、月経周期の後半では、男性ホルモンに似ている「黄体ホルモン」が活発に分泌されるため、月経周期の後半、つまり月経の前になると男性ホルモンのように働いて皮脂を過剰に分泌させてしまいます。

 

2.角質がたまってしまう

バリア機能が低下したり、ターンオーバーが正常に働かなくなったりすると、普通ならターンオーバーとともに剥がれ落ちる角質が残ってしまい、毛穴の詰まりやニキビの原因になります。

ターンオーバーとは?

肌のターンオーバー

新しい細胞は、表皮の一番下にある基底層で生まれ、通常、28日位をかけて上部の角質層へと上がっていき、最後は垢(あか)となって剥がれ落ちます。このサイクル・周期をターンオーバーと言います。

このターンオーバーは加齢とともに長くなり、40代になると約40日かかると言われています。

ターンオーバーが遅くなると古い角質が溜まって角層が厚くなり、くすみやシワの原因になります。

このターンオーバーの乱れは、加齢だけが原因ではありません。若い方でも、不規則な生活食生活の乱れ運動不足などから、肌のターンオーバーの乱れが起こることもあります。

 

角質がたまってしまう「角化異常」は、次の理由で引き起こされます。

◆間違ったスキンケア
洗顔やクレンジングで過度に皮脂を取り除いたり、摩擦による刺激を与えすぎたりすると、お肌が弱ってバリア機能が落ちてしまいます。

バリア機能が落ちたお肌は乾燥しやすく、うるおい不足でターンオーバーが乱れ、角質がきちんとはがれ落ちずに蓄積して毛穴を詰まらせることもありますので、ニキビができやすい時には、一度スキンケアを見直すことが有効です。

◆ストレスや睡眠不足
ストレス睡眠不足が続くと、交感神経が興奮状態になり、先述したように「男性ホルモン」が分泌されやすくなります。男性ホルモンには皮膚を厚くする作用もあるので、過剰に分泌されると角化異常へと繋がります。

◆偏った食生活
偏った食生活を続けていると、お肌の新陳代謝や正常なターンオーバーに必要な栄養が不足して、上手く角質のサイクルをコントロールできなくなります。

そうなると、正常な状態では、健康な角質が下から上がってきて古い角質が剥がれ落ちるという過程が、古い角質をせり上げるほどしっかりとした角質が生まれなくなり、古い角質がたまっていってしまうということですね。

 

思春期ニキビとはどう違うの?

大人ニキビは、普段の生活習慣やストレスが原因で、20代、30代の方の「おでこ」など顔に出来てしまうのに対し、思春期ニキビは、成長期特有のホルモンバランスの乱れによって引き起こされます。

具体的には、成長期には男性ホルモンが過剰に分泌されやすく、男性ホルモンには角質を分厚くする、皮脂をどんどん分泌するという作用があるため、毛穴が詰まりやすくなるということですね。

大人ニキビは、おでこやほほ、顎などに繰り返し症状が出やすいのに対して、思春期ニキビは、年齢を重ねて成長期が落ち着く頃にはおさまることが多い、というのが特徴です。

もちろん、10代であっても必ず思春期ニキビというわけではなく、生活習慣によっては、若くても「大人ニキビ」ができることもありますので、判断には注意が必要です。

 

大人ニキビの効果的な対策

大人ニキビの効果的な対策を、いくつかご紹介いたします。

 

1.紫外線対策をきちんと行う

大人ニキビにより炎症を起こした後のお肌は、実は、とてもデリケートで、紫外線によってダメージを受けてしまうと、そこが「ニキビ跡」としてシミになってしまうケースがあります。

ニキビで炎症を起こしているお肌には特に気をつけて、帽子やお肌に優しいUVケアクリームなどで対策しましょう。

 

2.食生活を改善する

お肌は、私たちが普段食べているものから作られますので、食生活はニキビ予防・対策にとても重要です。

お肌を作るのに必要な栄養素が足りない、もしくは過剰ですと、潤いの不足したガサガサお肌や、皮脂をどんどん分泌してしまう脂性肌など肌トラブルを引き起こします。

お肌を美しく保つためには、脂の多い食事を控え、ビタミンミネラルを豊富に含む食事とともに、体をつくる「タンパク質」をしっかりと摂取することが大切です。

具体的には、緑黄色野菜、きのこ、海藻、豚肉、ナッツ類、チーズ、豆腐、肉や魚、野菜、果物などの食品を積極的に取り入れることが大切です。

参考記事:

ニキビは体内からのケアが欠かせない!おすすめは野菜ジュースや青汁!

 

3.睡眠不足を解消する

睡眠不足が続くと、体内のホルモンバランスが乱れ、新陳代謝が落ちてしまいます。

お肌の新陳代謝には、成長ホルモンが関わっていると言われており、成長ホルモンは睡眠中に特に多く分泌されるとされています。

規則正しい時間にしっかりと寝て、早起きをするという良い生活習慣サイクルを作ることで、お肌だけではなく、体全体の健康も守ることができますので、ぜひ寝不足だと感じたら、きちんと睡眠時間は確保してくださいね

 

4.ストレスを溜めすぎない

ストレスは万病の元と言われており、大人ニキビの原因としても「ストレス」は大きな要素の一つです。

特に、20代や30代の働き盛りの方にとって、ストレスは知らず知らずのうちに溜まってしまうものです。

そして、気がついた時には、ストレスフルでニキビがたくさん出来てしまった、という状況にならないためにも、適宜リフレッシュすることが重要です。

一例として、リフレッシュ方法を挙げますと、

◆しっかりと寝る
◆趣味の時間を持つ
◆大声を出す(カラオケなどがおすすめ)
◆親しい人とのおしゃべり
◆適度な運動

などがあります。

特に、おしゃべりは女性にとって精神安定にとっても効果的ですので、疲れたなという時にはぜひたくさんおしゃべりして、リフレッシュしてくださいね。

 

5.スキンケアに気を配る

大人ニキビの対策として最も手っ取り早く、効果的なのが「スキンケア」です。

スキンケア用品としては、やはりニキビケア専用のものを使うのが効果的ですが、市販品の中には洗浄力が強すぎたり、殺菌力が強すぎたりと、お肌のバリア機能が低下しがちな大人ニキビの肌環境には適さない製品も多くあります。

大人ニキビ対策に必要なのは、「毛穴・角質ケア」と「徹底的な保湿」ですので、大人ニキビには、大人ニキビに合った対策ができるスキンケア化粧品を、しっかりと試した上で選ぶのがベストです。

 

 

まとめ

ニキビの大きな原因としては「毛穴の詰まり」ですが、毛穴の詰まりはメイクなどが単純に詰まっているだけではなく、古い角質や過剰に分泌された皮脂が詰まっていることもあります。

毛穴の詰まりには生活習慣の乱れや食生活、ストレスなども大きく影響を与えますので、今回ご紹介した要因に心当たりのある方は習慣を改め、できてしまったニキビを積極的にケアしていきましょう。

そして、もう一度、スキンケアも見直してみて下さい。

乾燥肌や脂性肌、敏感肌など人によって肌の質は全く異なりますので、新しいスキンケアラインに挑戦してみたいという方は、まずはしっかりと試した上でお肌に合っているものを選び、しっかりとケアして美肌を手に入れてくださいね。

 

参考記事:

おすすめの大人ニキビ化粧水は?ランキング形式でご紹介!

思春期ニキビ化粧水の選び方とおすすめランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ