ニキビの種類にはどんなものがあるの?改善方法とは?

女性のお肌の悩みの一つとしてよく挙げられるものに、「ニキビ」があります。

ニキビは、できる時期や進行度合いによって名称や見た目が異なり、ニキビを治す上でニキビに対する基礎知識を持っていれば、より対策を練りやすくなります。

今回は、ニキビの種類や部位別の原因、すぐできるニキビ対策をご紹介いたします。

 

ニキビにはどんな種類があるの?進行度別にご紹介!

目で確認できる状態のニキビは、進行の度合いによって5種類に分けられます。

 

❏白ニキビ
白ニキビは別名コメドとも呼ばれており、ニキビの初期状態を指します。

毛穴に角栓が蓋をしてしまい、毛穴の中に皮脂や古い角質などの汚れが溜まって、ニキビの原因となるアクネ菌が増殖し始めた状態で、炎症は起こしていないため白っぽく毛穴が広がって見えます。

❏黒ニキビ
黒ニキビは、簡単に表現すると「酸化した白ニキビ」です。

白ニキビの状態で毛穴がどんどん詰まりを起こすと、表面に露出している白ニキビが空気にさらされて酸化し、黒っぽい色になります。

白ニキビが酸化しただけですので、段階としてはこちらも初期と言えます。

❏赤ニキビ
赤ニキビは、白ニキビや黒ニキビの次の段階のニキビで、毛穴に詰まった古い角質や皮脂よごれが詰まった環境下でアクネ菌が増殖し、炎症を引き起こすことで発生します。

毛穴の周りが赤く腫れ上がっているため、一目でニキビとわかる状態で見た目にも気になりますが、ここで潰してしまうと高確率でニキビ跡(ニキビの跡がクレーターのようにへこんだり、シミのように色が変わったりする状態)が残ってしまいますので、注意が必要です。

❏黄ニキビ
黄ニキビは、赤ニキビの状態がさらに進行したもので、炎症と戦った白血球の死がいが「膿(うみ)」になって皮膚表面のぷっくりと見えている状態です。膿の色味が黄色を帯びているため、黄ニキビと呼ばれています。

ここまでニキビが進行してしまうと、毛穴から毛穴へとニキビがうつりやすくなり、アクネ菌の酵素による皮膚ダメージにより、完治した後もニキビ跡が残りやすくなります。

❏紫ニキビ
紫ニキビは、黄ニキビよりもさらにニキビが進行したもので、毛穴の中に膿と血液が混じり合って硬くなり、さわると小さなしこりのようになっているのが分かります。

黄ニキビよりも治った後のニキビ跡は残りやすいため、ケアは慎重に行い、絶対に潰さないようにしましょう。

 

大人ニキビと思春期ニキビの違いとは?

大人ニキビと思春期ニキビは、ニキビの起きる原因や年齢が異なりますが、「毛穴に老廃物やよごれが溜まることでできる」というそもそものニキビのメカニズムは同じです。

 

それぞれについて、簡単に解説すると次のようになります。

❏思春期ニキビ

  • 年齢…10代のいわゆる「思春期」によくできるニキビ
  • 原因…二次成長期に起きるホルモンバランスの乱れ男性ホルモンが過剰に分泌され、皮脂が多くなり毛穴に古い角質や皮脂よごれが詰まること。
  • 特徴…思春期に多く現れ、20代にさしかかるにつれ落ち着く傾向がある。

❏大人ニキビ

  • 年齢…20代以降によく見られる
  • 原因…ストレスや睡眠不足、偏った食生活などの「生活習慣」によって、新陳代謝が落ちたりホルモンバランスが乱れて皮脂が過剰に分泌されたりして、毛穴に古い角質や皮脂よごれが詰まること。
  • 特徴…間違った生活習慣やストレスによって引き起こされるニキビなので、根本の原因や肌質改善をしなければ繰り返す傾向がある。

このように、現象としては似ていても根本の原因が異なるので、思春期ニキビ大人ニキビは分けて考えられることが多いということですね。

 

ニキビができやすい部位とその原因・対策とは?

ニキビは、毛穴の詰まりが原因でできる皮膚疾患なので、毛穴が多い場所や皮脂の分泌が多い場所にはできやすくなります。

ここでは、ニキビのできやすい部位とその原因・簡単な対策について、それぞれご説明していきますね。

 

❏おでこ・生え際
おでこや生え際にできてしまうニキビの原因は、洗顔や髪の毛を洗う際の洗浄料(シャンプー、リンス、洗顔料など)が十分にすすげておらず、毛穴によごれとして残ってしまうことや、ストレスが挙げられます。

おでこや生え際にできるニキビの対策は、シャンプー、リンスをしっかりと洗い流し、生え際も軽く指の腹でなでるようにして洗浄料を残さないようにすること、ストレスを溜め込みすぎないことです。

ストレスが溜まりやすい人は、なるべくたまらないように自分なりのリフレッシュ方法を見つけてみましょう。

また、おでこは髪の毛がかかって刺激になりやすいため、前髪がおでこにチクチクと刺激を与えないようにすることも大切です。

❏鼻
鼻には大きな毛穴が多いため、他の部位に比べて皮脂が出やすく、メイクの残りが詰まりやすかったり、洗い流しにくかったり、ちょっとした刺激が原因でターンオーバーが乱れるなどの皮膚トラブルが起きやすいことがあります。

対策として有効なのは、ニキビケアに有効な毛穴をキレイにキープできる洗顔料を使用し、毛穴よごれをしっかり除去すること、指で鼻を触る・過剰にファンデーションをのせるなどの皮膚刺激を減らすことです。

❏ほお
「ほお」または「ほっぺた」はデリケートな部位で、乾燥やホルモンバランスの乱れ、日常で使っているタオルやシーツなどの雑菌の影響を受けやすくなっており、そのことが原因で皮脂の過剰分泌やターンオーバーの乱れが生じます。

ニキビ対策としては、しっかりと保湿をして、清潔な寝具やタオルを使うことが有効です。

❏口回り・アゴ
口周りやアゴ周辺にできるニキビは、胃腸が弱っていたり、暴飲暴食により皮脂の分泌が過剰になったりすると発生しやすくなります。

焼肉を食べた翌日に、アゴ周りにニキビができるという方は、胃腸への負担がそのままニキビとして現れている良い例です。

たまにハメをはずすのは仕方がありませんが、日頃の食生活のバランスを見直し、ビタミン・ミネラルが豊富な野菜をたくさん食べ、脂っこいものや甘いものを控えることがおすすめの対策です。

❏胸元
胸元はあまり露出が無い分、一度できてしまうと蒸れてなかなか治りにくい部分でもあります。

特に鎖骨からみぞおちにかけては、汗をかいてもすぐに拭いたりすることが難しく、毛穴に皮脂が詰まりやすい環境です。

対策としては、汗をかいても大丈夫な汗吸収の良い肌着を着用すること、清潔に保てるように汗をたくさんかいた時には、人目のないところできちんとふきとることが有効です。

胸元を露出するような服を着る場合には、紫外線対策も忘れないようにしてくださいね。

❏背中
顔のニキビとともに悩んでいる女性が多いのが背中ニキビです。

背中は汗をかいて皮脂をたくさん分泌しやすいのに、お風呂で手が届きにくく、シャンプーなどの洗い残しが多くなってしまうのがニキビの原因になります。

対策としては、背中を清潔に保てるように洗いやすい取っ手のついたスポンジやタオルで優しくしっかりと洗い、お風呂を出る前にもしっかりシャワーで洗うようにするとニキビができにくくなります。

 

まとめ

ニキビは美しくなりたい女性の大敵ですが、ストレスやホルモンバランスの乱れなど様々な原因でできてしまいます。

思春期ニキビ大人ニキビなど、できやすい年齢や部位によっても原因は異なりますが、「毛穴詰まりが原因で起こる」という点は同じなので、今回ご紹介した部位別対策を参考にしていただき、ニキビに悩みがある方は一度生活習慣やスキンケア方法を見直してみてくださいね。

参考記事:

おすすめの大人ニキビ化粧水は?ランキング形式でご紹介!

思春期ニキビ化粧水の選び方とおすすめランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ