更年期ニキビの原因、ケア&予防法

更年期を迎えた頃に突然現れる更年期ニキビ。適切なケアの方法を知って、少しでもストレスを解消させることが大切です。

 

更年期ニキビとは

更年期とは、一般的には40代後半から50代前半にかけての年代のことを指すようですが(個人差はあります)、このころになると、ホルモンバランスの変化によって、様々な障害が見受けられるようになります。

突然のほてり、のぼせ、多汗、目の渇きなどの症状が現れ、更年期障害と呼ばれています。

そして、更年期を迎えた方の中で、突然、顔にニキビが出来るようになったという方も多いでしょう。これは、「更年期ニキビ」と言われているもので、女性ホルモンのバランスの乱れにより起こります。

 

更年期ニキビの原因とは

女性ホルモンには、エストロゲン(卵胞ホルモン)とプロゲステロン(黄体ホルモン)があります。

更年期になると、エストロゲン(卵胞ホルモン)の分泌量が急激に減少するため、プロゲステロン(黄体ホルモン)の方が多くなります。プロゲステロンは、皮脂腺を刺激して皮脂の過剰分泌を促します。

また、お肌を守るヒアルロン酸セラミドの分泌量も減少し、保湿力が衰えバリア機能も低下してしまいます。

この様なホルモンバランスの崩れから発生するニキビに加え、やはり更年期ともなると、ストレスも溜まります。思春期ニキビ大人ニキビのところでもお話していますが、このストレスもニキビの大敵なのです。

参考記事:

ニキビを何とかしたい!ニキビができる原因とすぐできる対策5選

 

更年期ニキビの対策

更年期ニキビの対策としては、まず、しっかりとしたスキンケアを行うことが重要です。メイクはしっかりと落とし、毛穴の汚れを残さないようにしましょう。

ビタミンAビタミンCをしっかりと摂ることも重要です。これらのビタミンは、コラーゲンヒアルロン酸の生成を助け、ターンオーバー機能を助けます。

そして、ストレスを溜めない生活を送ることも重要です。

 

参考記事:

おすすめの大人ニキビ化粧水は?ランキング形式でご紹介!

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ