鼻の赤いニキビや黒いニキビの原因や治し方4つ

「鼻の目立つニキビをなんとかしたい!」
「鼻にできたニキビが腫れてしまって治らない」

鼻にポツンとできたニキビや、ポツポツとした黒い角栓は、メイクでも隠しきれずテンションが下がってしまいますよね。

気になってついさわったり、潰してしまう人もいるのではないでしょうか?

そこでここでは、

  • 鼻ニキビはどうしてできるの?
  • 治すにはどんなことに気をつけたらいい?

など、鼻ニキビに関することを詳しく紹介しています。

しつこい鼻ニキビとサヨナラしたい人は、ぜひ参考にしてみて下さい!

 

鼻は過剰な皮脂・メイク汚れ多発ゾーン!ニキビ視点からみた鼻の特徴

鼻は皮脂の分泌が多い

鼻は皮脂腺が多く、顔の中でも特に皮脂分泌がさかんな場所です。

頬や顎がカサついていても、鼻だけはテカっているという人は多いですよね。

皮脂腺が多いおでこ。そのため皮脂の分泌量がおおくなりニキビが出来やすくなる。

 

鼻は汚れがたまりやすい

鼻は毛穴が多く、毛穴に皮脂汚れや老廃物がたまりやすいという特徴があります。

また、凹凸があるので汚れが残りやすく、特にメイク汚れがたまりやすい場所でもあります。

 

さわったりつぶしたりしてしまう

つい鼻をさわってしまう・・という人、意外と多いのでは?

鼻はついさわってしまう顔のパーツの一つですが、手の汚れや雑菌がそのまま鼻についてしまうことが多いです。

 

脂ぎる!汚れる!鼻にニキビができやすい理由・原因

皮脂が多いのでニキビができやすい

鼻は顔の中でも特に皮脂分泌がさかん、というのは先ほど述べたとおりです。

古い角質や皮脂汚れで毛穴が詰まると、その中の皮脂をエサにしてアクネ菌が増えて炎症を起こし、それがニキビになります。

 

■思春期ニキビと大人ニキビの違い

ニキビができるのは、思春期ニキビのように年齢によるものと、大人ニキビのようにストレスや生活習慣からくる場合があります。

思春期ニキビができるのは、ちょうど皮脂分泌がさかんな年頃だから。

大人ニキビができるのは、ストレスや生活習慣からくるホルモンバランスの崩れが原因です。

ストレスや睡眠不足、食生活の乱れなどからホルモンバランスが崩れると、男性ホルモンが活発になります。男性ホルモンが増えると皮脂分泌が多くなり、大人ニキビができます。

また、生理前になるとニキビができて、生理が来ると自然に治る、という人も多いですよね。

生理前の体は女性ホルモンのひとつである「黄体ホルモン」が増える時期。黄体ホルモンも皮脂分泌が増える働きがあるので、ニキビができやすくなります。

 

残ったメイク汚れがニキビのもとに

鼻は凹凸があって、ファンデーションなどメイク汚れが残りがち。

鼻は毛穴が多く、古い角質や皮脂汚れが毛穴につまり、ニキビになりやすいです。小鼻のポツポツや角栓が目立ってしまって、悩んでいる人も多いですよね。

鼻は皮脂が多いため、中で詰まった皮脂が飛び出て酸化し、黒ニキビになりやすいです。

 

さわってしまって鼻ニキビが悪化

鼻の角栓を手で取ったり、指で押し出すと雑菌がついてニキビ悪化の原因に。

また、毛穴が開いて元に戻らなくなり、毛穴が目立つ肌になってしまいます。

 

鼻ニキビを治すための対策やセルフケア4つ

洗顔はやさしくていねいに

鼻ニキビの原因と対策。洗顔はやさしくていねいに!

鼻は皮脂が多く汚れやすいので、しっかりていねいに洗いましょう。

もっちりコシのある泡を立てて、指の腹ではなく泡で洗うイメージです。泡に汚れが吸着されるので、こすらなくても汚れを落とすことができます。

洗顔はゴシゴシこすったり、1日に何度も洗うのはNG。皮脂は取り過ぎるとさらに増えてしまいます。

洗顔後は油分の少ないローションやジェル、美容液などで保湿することも大切です。

 

■時間がある時は泡パックもオススメ

鼻ニキビの原因と対策。泡パックもおすすめ

毛穴ケアとして市販の毛穴パックがありますが、肌へのダメージが心配。毛穴汚れをしっかり落としたいなら、泡パックがオススメ。

やり方は簡単で、普段使っている石鹸や洗顔剤をしっかり泡立て、鼻の上にのせます。

30秒~1分放置してから、やさしくすすぎます。

 

■クレイパックでスペシャルケア

鼻ニキビの原因と対策。クレイ(泥)パックもおすすめ

スペシャルケアとしては、クレイパックがオススメです。

クレイ(泥)は毛穴の奥の汚れを吸着する働きがあります。こちらも肌の上にしばらく放置し、乾いたら水で落とします。肌のうるおいはそのままで、毛穴の汚れや黒ずみなどを一掃してくれますよ。

 

■ピーリング石鹸で肌のターンオーバーを促す

もう一つのスペシャルケアとしては、ピーリングもオススメです。

ピーリングは肌の古い角質を取り除き、肌のターンオーバーを正常にする効果があります。

ターンオーバーが整うと、角質が毛穴につまることもなくなります。ピーリングタイプの石鹸なら、肌にもマイルドで手軽に使えますよ。

クレイパックもピーリング石鹸も、2週間に1回ぐらいを目安にスペシャルケアとして取り入れてみて下さい。

 

鼻ニキビがある時のメイクは?

鼻ニキビの原因と対策。過剰なファンデーションは厳禁

鼻はメイクが残りやすいので、ファンデーションの厚塗りは厳禁です。

ファンデーションならニキビができにくいノンコメドタイプが安心。薄塗りを心がけて、パフやスポンジは清潔なものを使いましょう。

メイクを落とす時はしっかりていねいに落とすことも忘れないで。

 

甘いもの・油っこいもの・刺激物を避ける

鼻ニキビに甘いものや糖質類は良くない

甘いものが大好き!毎日チョコレートを食べてしまう。そんな人も多いのではないでしょうか?

油っこいものはもちろん、甘いもの、チョコレートやコーヒー、辛い物などの刺激物は、皮脂の分泌がさかんになるので、控えるようにしたいもの。

小腹がすいたらナッツ類がいいですよ。

【鼻ニキビ改善のため、積極的に摂りたい栄養素】

ビタミンA 肌のターンオーバーを整える。鶏レバー・ほうれん草
ビタミンB2 過剰な皮脂を抑える。卵・納豆
ビタミンB6 肌のターンオーバーを正常にする。バナナ・レバー
ビタミンE ホルモンバランスを整える。アーモンド・魚の卵

ニキビと食べ物については、こちらの「ニキビ改善に効果のある食べ物、ニキビを悪化させてしまう食べ物とは?」もお併せてお読み下さい。

 

さわり癖をなくす

いけないこととは知りつつも、つい鼻をいじったり、ニュルッと角栓を押し出してしまいたくなってしまいますよね。

でもニキビが悪化してしまって跡が残ったり、毛穴が開いて元に戻らなくなってしまうので、鼻をさわることは絶対にやめましょう。

 

まとめ

  • 鼻は皮脂分泌が多く毛穴も多いのでニキビができやすい
  • 鼻ニキビは手でさわったりメイク汚れで炎症をおこしやすい
  • 皮脂や毛穴の掃除は正しい洗顔と保湿がカギ
  • 手で強引に押し出すのは厳禁

鼻は皮脂が多く汚れやすいのでニキビができやすく、一度できると炎症を起こしやすいです。

鼻ニキビはやさしい洗顔とマイルドなスペシャルケアで、皮脂と毛穴をケアしていきましょう。

手でさわったり指で押し出す強引なケアはNG。食事にも気をつけながら、鼻ニキビを治していきましょう!

 

大人ニキビ化粧水おすすめランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ