ビーグレン ニキビ跡ケア専用化粧水のここがおすすめ!

ビーグレンのニキビ跡ケア化粧水は、「ビバリーグレンラボラトリーズ」から販売されているニキビ跡専用化粧水です。

そうです!お肌にしっかりと成分を届け、深いところまでケアできる化粧品シリーズを開発している、あの会社です。ご存知だと思いますが…

今回は、ニキビ跡で悩む女性のために、「ビーグレン ニキビ跡ケア」の特徴や使用感、おすすめポイントをご紹介していきますね。

 

ビーグレン ニキビ跡ケア化粧水の特徴とは?

ビーグレン ニキビ跡ケアの特徴は、角質層の奥まで有効成分を浸透させる「QuSome」技術を使いながら、お肌のターンオーバーを正常な状態へと導き健康に保つことで、ニキビ跡を目立たなくするというところです。

ニキビケアの化粧水というと、有効成分に頼って治すものが多いなか、ニキビだけではなくお肌の状態に着目した根本からのケアができるのは、ビーグレンならではと言えます。

 

ビーグレン ニキビ跡ケアの簡単4ステップ

ビーグレン「ニキビ跡ケア」は、洗顔 -> 化粧水 -> 美容液 -> クリームという簡単4ステップです。

 

ステップ1. 洗顔

天然クレイ「モンモリロナイト」を採用した洗顔料クレイウォッシュが、肌の汚れや古い角質を落としてくれます。なのに必要な潤いと必要な皮脂はしっかり残してくれるという優れものです。

内容量:150g

全成分:
水, モンモリロナイト, イソノナン酸エチルヘキシル, ソルビトール, BG, ココイルグルタミン酸Na, ペンチレングリコール, ココイルグルタミン酸TEA, 尿素, スクワラン, ヒアルロン酸Na, グリチルリチン酸2K, アロエベラ葉エキス, カミツレ花エキス, クズ根エキス, クロレラエキス, カプリロイルグリシン, エチルヘキシルグリセリン, クオタニウム-73, EDTA-2Na, フェノキシエタノール

 

 

ステップ2. 化粧水

化粧水のQuSomeローションが、角層のコンディションを整えながら隅々まで浸透。肌の潤いを長時間に渡って維持することが出来ますよ。

内容量:120ml

全成分:
水, プロパンジオール, BG, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, ジステアリン酸PEG-23グリセリル, ラフィノース, スクワラン, ヘキサカルボキシメチルジペプチド-12, 3-ラウリルグリセリルアスコルビン酸, 3-O-エチルアスコルビン酸, オリゴペプチド-24, ピリドキシンHCI, アラントイン, ゲンチアナ根エキス, アッケシソウエキス, フカスセラツスエキス, コレステロール, グリセリン, エチルヘキシルグリセリン, 乳酸, ステアラミドプロピルジメチルアミン, フェノキシエタノール, EDTA-2Na

 

 

ステップ3. 美容液

ピュアビタミンを高濃度(7.5%)に配合した美容液Cセラムが肌の隅々まで浸透していきます。
QuSomeというビーグレン独自の浸透テクノロジーが威力を発揮、肌トラブルの連鎖を断ち切り、お肌の透明感を引き出してくれます。

内容量:15ml

全成分:
PG, アスコルビン酸, レシチン, ポリアクリルアミド, (C13,14)イソパラフィン, ラウレス-7

 

 

ステップ4. クリーム

ハリと弾力をサポートし滑らか肌へと導いてくれるQuSomeモイスチャーリッチクリームが、ニキビの後で減少したコラーゲンを取り戻してくれます。

内容量:30g

全成分:
水, スクワラン, ジグリセリン, トリエチルヘキサン酸トリメチロールプロパン, グリセリン, シクロペンタシロキサン, BG, ステアリン酸グリセリル, セタノール, ジメチコン, ステアリン酸PEG-45, ジミリスチン酸PEG-12グリセリル, バチルアルコール, ステアリルアルコール, ベヘニルアルコール, パルミチン酸セチル, アセチルテトラペプチド-2, オリゴペプチド-6, ダイズ芽エキス, 乳酸桿菌/ハイビスカス花発酵液, ショクヨウダイオウ根エキス, ゲンチアナ根エキス, 加水分解コラーゲン, ヒアルロン酸Na, コレステロール, ジヒドロコレステロール, ステアリン酸コレステリル, 乳酸K, 乳酸, パルミチン酸, (ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー, プロパンジオール, ペンチレングリコール, エチルヘキシルグリセリン, フェノキシエタノール, 水酸化K

 

 

ビーグレン ニキビ跡ケアの使用感は?

ここでは、ビーグレン ニキビ跡ケア化粧水を実際に使ってみた使用感をご紹介します。

ビーグレン ニキビ跡ケアは、クレイウォッシュ化粧水Cセラム(美容液)クリームの4種類で構成されていました。

まず、クレイウォッシュは、天然泥を使った泡立たない洗顔料で、クレイが皮脂よごれや古い角質を吸着して取り除いてくれるというものです。

洗顔してみると、ザラザラ感はなく、スルスルとなめらかにお肌の表面を滑り、洗い流した後は、ワントーンアップするほど汚れが綺麗になりました。しかも、綺麗になってもまったくつっぱり感やかさつきは感じられず、むしろしっとりとした洗い上がりでした。

化粧水は、ややとろみがあるものの透明感がありさらりと伸びるタイプのもので、クレーター状のニキビ跡を改善してくれる成分を含んでいます。

化粧水にも、もちろん「QuSome」技術が使われているので、使用後はしっかりと保湿成分が浸透していく感じです。みずみずしいお肌の触り心地で、その上からCセラムというピュアビタミンCを豊富に含む美容液を塗ると、じんわりとあたたかくなりました。

あたたかくなるのは、ピュアビタミンがお肌にしっかり浸透した証拠でもありますので、続ければソフトピーリングと美白効果で、気になるニキビ跡も目立たなくなることが期待できますね。

最後に、やや硬めのテクスチャーなクリームを塗って終わりですが、このクリームは体温ですっと溶けるタイプのクリームでしたので、驚くほど伸びがいいのにしっかり浸透し、もっちりとしたお肌になりました。

全体を通してしっかりと保湿ができて、お肌のくすみも目立たなくなるほどですが、使用後は嫌なべたつきは無く、油分が手に残ることもないのは、個人的にポイントが高いと感じました。

 

ビーグレン ニキビ跡ケアのおすすめポイント3つ!

ビーグレン ニキビ跡ケアのおすすめポイントは、3つあります。

 

1.「QuSome」技術で有効成分がしっかり浸透

QuSome技術とは、ビーグレンの独自の浸透テクノロジーで、通常ではなかなかお肌の角質層に届けるのが難しい成分でも、安定的、かつ持続的にしっかりと届けることができるものです。

この技術によって、保湿成分や各種有効成分が必要箇所にしっかり届きますので、似ている成分を使っている他社よりも、より効果的にケアすることが可能です。

 

2.コラーゲン生成を促進し、がんこなクレーターニキビ跡もケア

ビーグレン ニキビ跡ケアの化粧水には、普通のスキンケアではなかなか改善しない「クレーター状のニキビ」でも改善できるよう、「FGF」という成分が入っています。

FGFは、お肌の表面にくっつくと、線維芽細胞というコラーゲンやエラスチンなどのお肌を構成する組織を作る細胞を活性化し、ダメージを受けたお肌のケアができます。この効果より、なかなか良くならないクレーター状ニキビ跡の改善を、強力にサポートしてくれます。

 

3.お肌の健康を促進することでニキビ跡改善

ニキビの改善だけに着目したニキビ用化粧品は多くありますが、ビーグレン ニキビ跡ケア化粧水は、ニキビ跡のケアに力を入れながら、同時にお肌のターンオーバーを正しい状態へと導き、健康なお肌を取り戻すことでニキビを改善してくれる化粧品です。

いくらニキビ改善効果が高くても、お肌が根本的に不健康であれば何度も繰り返してしまいますので、根本からの解決ができるスキンケアラインとしては、とてもおすすめできるものの一つです。

 

まとめ

ビーグレン ニキビ跡ケア化粧水の特徴として、独自技術を使いしっかりとニキビ跡改善の有効成分を浸透させるだけでは無く、お肌の問題を根本から解決して、ニキビに悩まされない健康なお肌へとケアしてくれる、ニキビ跡を改善したい女性におすすめのニキビ跡専用の化粧品です。

ニキビ跡で悩んでいる方、特にクレーター状のニキビ跡が気になる方にはぴったりの製品です。

なかなかニキビ跡が改善されず困っているのであれば、ぜひ一度お試しして使用感を確認してみてくださいね。

 

ビーグレン「ニキビ跡ケア」のトライアルセットは、1,800円(税抜、送料無料)です。

 

ビーグレン「ニキビ跡ケア」を試して見る。

 

おすすめの大人ニキビ化粧水をランキング

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ